HOME > FRP防水とは?

防水工事

FRP防水とは?
ウレタン防水とは?
省エネ・ECO
FRP防水とは?
FRO防水完成図

FRP(Fiber Reinforced Plastics)は、ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強した繊維強化プラスチックです。強度や耐水性、成型性などに優れています。液状の軟質不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水が可能です。常温で硬化し、シームレスな美しい仕上がりの防水層となり、耐候性・耐熱性・耐薬品性などに優れています。さまざまな形状・条件の施工に対応でき、着色も自由にできます。


FRP防水の特徴

強靭な軽量防水
一般的なアスファルト防水コンクリート押さえ工法に比べ、単位面積あたり60分の1の重量ですので、躯体構造物に負担がかかりません。また、他の防水材に比べ数倍の強度と表面硬度を持つFRP防水塗膜はあらゆるニーズに対応します。
耐酸性対策に硬化
ポリエステル樹脂は他の樹脂防水材に比べ、圧倒的な耐酸性があります。防水層を劣化させる酸性雨から建物を保護します。
優れた下地追従性
200%の伸び率を有する超軟質ポリエステル樹脂が下地の動き・クラックを吸収して、FRP防水層に影響を与えません。この複層成膜により、コンクリートの挙動に追従します。
優れた経済性
従来の塗膜防水に比べ、硬化時間が極めて早い事を特徴とするFRP防水は、硬化剤の添加量の調節により任意の硬化時間をコントロールすることが可能です。この利点を最大限に利用し、工期短縮・人件費の削減が可能です。
優れたメンテナンス性
絶対的な強度、耐衝撃性、耐摩擦性、耐薬品性、対候性に優れたFRP防水は、あらゆる使用条件下において長期にわたり躯体構造物を保護します。また、過酷な条件下での使用により表面に摩擦が生じた場合でも、保護層の塗り重ねのみで防水性能を維持します。